行政書士橋詰事務所行政書士橋詰事務所 お気軽にご相談ください!
平成14年10月15日開業(Since 15 Oct. 2002)
TEL 0664583621
〒553−0003 大阪府大阪市福島区福島8−8−3
ランドマーク福島ビル7階

業務時間 10:00〜19:00
(電話は9:00から受付いたします)
(ご予約頂いた場合22:00までお受けすることもあります)

定休日:日曜日・祝祭日・当事務所の定めた日(夏期・冬期など)
(ご予約頂いた場合、休日業務をお受けすることもあります)
<最寄駅>
JR環状線「福島駅」より徒歩3分

JR東西線「新福島駅」より徒歩3分

阪神電鉄「福島駅」より徒歩5分

JR「大阪駅」より徒歩20分

京阪電鉄「中之島駅」より徒歩10分


■ホーム
■当事務所のご案内(地図など)
■無料メール相談
■無料でんわ相談
■初回無料面談相談
■相談・費用
■不  倫・浮  気 
■恋愛・男女問題 
■夫婦問題    
■年金分割      
■内縁問題    
■婚約問題    
■わいせつ・性犯罪被害
■ストーカー
DV・デートDV
■パワーハラスメント
■セクハラ・不当解雇
■内容証明郵便  
■示談書・和解書・合意書
■占い関係
■行政書士の業務 
■関連サイト
■夫婦問題相談所
■婚約問題相談所
■職場問題相談所
■ストーカー相談所
■不倫・浮気問題相談所
消費者問題相談所
■遺言書・遺産相続相談所
 
■特商法に基づく表示 
 
<代表者>
行政書士 橋詰 洋一
(登録番号02263440号)
大阪府行政書士会会員
(会員番号第4454号)
入国管理局申請取次行政書士
大阪府行政書士会西支部所属
 
日本国内、全国対応しております。
ご相談者、ご依頼者のために最善を尽くします。
豊富な実績があります。


問題がおこったら「できるかぎり早く」ご相談ください。
時期を逃したり、手段を間違えると、解決が難しくなります。
間違った知識や法的に無効な手段を使えば、後で困ることになります。

相談しなければ解決に向けてなにも始まりません。
お気軽にご相談下さい!
2017年10月15日で16年目に入りました。
■わいせつ・性犯罪被害

[ご相談はお気軽に!]
かた苦しくない気さくな事務所です!お気軽にご相談ください!女性スタッフもおります!

当事務所は、書面作成だけでなく、ご相談の内容や、ご相談者・ご依頼者のお気持ちを大切にしております。

わいせつ・性犯罪被害
について、当事務所でご相談をお受けしております。
また、わいせつ・性犯罪被害についての、告訴状・被害届・示談書・合意書・契約書作成を専門にしております。
警察署へのお付き添いもいたします。
ただ、これらの問題は、心の問題、法律、カウンセリングなどが大切です。
わいせつ・性犯罪被害について「誰にも相談できない」「相談したくてもどこに行けば分からない」方、当事務所でご相談をお受けしております。

「初回無料面談相談」「無料メール相談」のページをご覧頂いた上、ご相談下さい。
正式なご依頼、ご来所しての相談、有料相談をご希望の方は、「相談・費用」のページをご覧下さい。


[婦人科クリニックをご紹介致します]
早急な処置が必要なときは、婦人科クリニックをご紹介致します。
また、当事務所には婦人科看護師も補助者としております。
必要なときは遠慮なくお申し出ください。


[誰にも相談できないことが多い]
わいせつ問題や性犯罪被害の典型的な特徴は、被害者の方が「誰にも相談できない」「相談したくてもどこに行けば良いのか分からない」「相談しても適当にあしらわれて余計に傷ついた」という方が非常に多いということです。

わいせつ問題や性犯罪も、刑法をはじめとする色々な法律が加害者を罰するように整備されていますが、ストーカー問題やDV問題と違い、被害者の方を保護するという面において相当遅れています。
法律の条文には、被害者の方を守るようなことが書かれていても、その内容は、事実上加害者を罰することにより被害者の方を保護するというものが多いのです。

これでは、実際には、被害者の方が抱えるさまざまな問題から被害者の方を救済することはできません。
「言いたくても言えない」「聞きたくても怖くて聞けない」そういう悩みをもっておられる方が、たまに当事務所に来られます。お話しをされると、それだけで心に溜まっていたものがなくなるのか、泣いてしまう方がほとんどです。


[悪いのは加害者]
わいせつ問題や性犯罪の被害者の方のお話しをお聞きしていると「私も悪いんですが。」とおっしゃる方が多いのに驚かされます。その場の雰囲気につい乗ってしまい、被害に遭ったこともあるかもしれません。しかし、悪いのは加害者であって、被害者の方ではではありません。
「自分は悪くない」という気持ちを忘れないでください。「自分は被害者なんだ」という気持ちを持つことが大切なのです。


[わいせつ問題や性犯罪に性差はありません]
わいせつ問題や性犯罪というと、女性が被害者で男性が加害者だという想像をされる方が多いと思います。確かにその傾向があります。しかし、男性が被害者で女性が加害者の場合もありますし、同性同士が加害者と被害者の関係にある場合もあります。
こういう関係の場合、なおさら「誰にも相談できない」「相談したくてもどこに行けば良いのか分からない」ということになります。性が違っても同じでも、被害者であることには変わりないのです。


[逃れられないこともあります]
児童買春・ポルノ禁止法や児童福祉法など、青少年健全育成条例など児童を守る法律はあります。
ただ、これらの法律や条例がきちんと運用されているか否かは別です。
実際に「ジュニアアイドル」という一見アイドルかと思わせる言葉を用いていても、その実態は「着エロ」と言われるわいせつなものであり、その対象となる少女は自分が被害者だと分かっていても、家庭の事情や大人からの誘い(脅迫のことも多い)からいつまでも逃れられないという現実があります。


[被害者の周囲の方へ]
わいせつ問題や性犯罪の被害者の方から相談を受けた方は、自分までどうしたらいいのか分からなくなる方もおられます。しかし、相談を受けた方まで動揺してしまえば、被害者の方はそれ以上に動揺し、場合によっては自分を責めてしまいます。相談を受けた方は、動揺せずに一度その事実を受け止め、冷静になってから被害者の方をどのように助ければ良いのか考えてください。
また、被害者の周囲の方も被害者です。苦しんでおられるのは被害者の方と変わりません。ご自身もどうすれば苦しみから解放されるのか、考えてください。


[わいせつ・性犯罪被害の解決について]
相談しなければ何も始まりません。何も始まらなければ何も変わりません。苦しみから解放されません。

相談する人、アドバイスを受ける人、依頼する人を絞り込んでください。

場合によっては刑事事件になるかもしれません。弁護士に依頼することもあります。
医師の診療を受ける必要があるかもしれません。
迷うことがあっても当然です。しかし、問題を解決するためには前に進まなければなりません。

「相談する!」という覚悟と意思が必要です。
「相談したい」と思われたら、ご連絡ください。



 Copyright(C)行政書士橋詰事務所All rights reserved