身近な相談相手
街の法律家

行政書士橋詰事務所
〜実績豊富な行政書士が相談者の親身になり、アドバイス、サポートを致します〜

◆婚約問題◆
婚約関係
婚約成立
婚約成立の判断基準
婚約破棄について
婚約解消について
依頼するメリット


婚約関係
婚約関係とは、結婚の約束、すなわち夫婦になろうという約束をしている関係の事です。
法律的には「婚姻予約」といいます。婚約には、定まった形式は必要なく、当事者双方に「結婚する合意」があればそれで婚約は成立します。
しかし、現実には当事者の意思は第三者には見えませんし、当事者としても双方の意思を確認する為に、婚約指輪を贈ったり、結納を交わしたりするのが普通です。そうでないと、単なる恋愛関係との区別がつきにくいという事情もあります。

婚約成立
婚約は結納や特別の儀式、形式がなくとも、男女が誠心誠意、将来夫婦になる合意があれば、口約束でも成立します。
ただし、口説くためや喧嘩の仲直りのためなどの状況で「結婚しよう」と言っただけでは、二人が将来夫婦になることを約束したとは言えませんので、婚約が成立したとは言えません。

婚約成立の判断基準
●二人の合意が第三者(親、兄弟、友人など)にも明らかにされたかどうか
●二人の合意に基づいて新たな生活関係が形成されたかどうか
●継続的な性関係があったかどうか
●二人が合意したときに、その合意の意味を判断できる状態であったかどうか
●婚約指輪や結納、互いの両親への挨拶等があったかどうか
などを総合して考慮されています。

婚約破棄について
婚約破棄とは一方的に婚約を解消することです。
婚約破棄に特別な手続はありません。
「婚約を解消したい」という気持ちを、相手にはっきりと意思表示すれば、結婚する義務から解放されます。
ただし、正当な事由がなく、婚約を破棄した者は、精神的損害(慰謝料)、財産的損害(損害賠償)を請求される事があります。

婚約解消について
婚約解消は、当事者が合意の上で婚約を解消することです。
ただし、この場合でも精神的損害(慰謝料)、財産的損害(損害賠償)が発生する事があります。

依頼するメリット
婚約解消・婚約破棄は、精神的苦痛を伴うとともに、金銭的な問題等も処理しなければならないため、膨大な労力を要し、利害関係により当事者間での話し合いがすすまないケースがよくあります。
当事務所では、スムーズに協議ができるように
@婚約解消合意書作成、公正証書作成に伴う各種書面代書、作成
A各種書面作成についてのご相談
C公正証書作成に伴う公証人役場の手配
D当事者間カウンセリング

等、手続面から精神面のサポートまでトータルにご依頼者の立場を考え、ご相談に応じます。

ホームに戻る
亮相談する