身近な相談相手
街の法律家

行政書士橋詰事務所
〜実績豊富な行政書士が相談者の親身になり、アドバイス、サポート致します〜

◆ストーカー問題◆
ストーカー被害
ストーカーへの対応
ストーカー対策
ストーカー行為等規制法
ストーカー被害者として
依頼するメリット


ストーカー被害
ストーカー被害には、実社会の人間関係がこじれたり、元々おせっかいな人間がストーカー化するといったケースが多いのが現状です。
恋愛がらみのストーカーの場合、相手が別れに納得していない事が多く、 別れとなる原因をはっきり伝える事により解決できる事も多くあります。
別れ方が悪かったり(一方的に理由も告げずに別れ、連絡手段を断ち切ってしまう等)すると、 普通の人がストーカーになってしまう事もあります(ストーカーと呼ぶことが気の毒なケースもあります)。
逆に、恋愛トラブルがこうじて凶器で人を傷つけたり、家に火をつけるような危険なストーカーも実際に存在します。

ストーカーへの対応
ストーカー問題は、恋愛や知り合い同士の関係から生じる事が多く、 その多くは法的解決や警察等の公権力が介入するのに不向きであると当事務所では感じています。
もちろん、状況に応じて警察の協力を得なくてはならない事もありますし、法律を使う必要もありますが、 人間対人間の問題である以上、心の問題が解決しなければ真の解決とは言えないと考えています。

ストーカー対策
警察の警告や、内容証明郵便等で一時的にストーカー行為が収まっても、相手のプライドを傷つけ、逆に恨みの気持ちを増幅させる事もあります。
相手の性格などを見極めてからでないと、警告や内容証明郵便を出したが為に被害がひどくなる場合もありますので十分気をつけてストーカー対策をする必要があります。
実際、当事務所でも、内容証明郵便を送った相手が、直接事務所に乗り込んできたり、ものすごい見幕の電話をかけてきたり、いたずらFAXを流された経験があります。
これらの問題も無事解決しましたが、とにかく相手の性格や相手がストーカー行為に走る原因をしっかりと見極めなければなりません。

ストーカー行為等規制法
ストーカー行為等規制法による規制の対象となるのは、「つきまとい等」「ストーカー行為」の2つです。
●「つきまとい等」
この法律では、特定の者に対する恋愛感情などの好意感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的で、その特定の者又はその家族等に対して行う8つの行為を「つきまとい等」と規定し、規制しています。
●「ストーカー行為」
※この法律は、同一の者に対し「つきまとい等」を繰り返して行うことを「ストーカー行為」と規定して、罰則を設けています。

ストーカー被害者として
実は私自身が業務とは関係なく、ストーカー被害に遭った事があります。
それらの体験を基に被害者の方のお力になる事が可能です。

依頼するメリット
ストーカー問題は単にストーカー行為を止めるだけでなく、被害者だけにしか理解できない恐怖心、不安等の心のケアが必要です。
ストーカー被害者として親身に解決に向けて、心のケア・カウンセリングを行いながらアドバイス、サポート致します。

ホームに戻る
亮相談する