TOPに戻る
スマホでご覧のときは、画面を横向きにすると見やすいです。

相談しやすい事務所です。お気軽にご連絡ください。
お問い合わせ、ご質問などはお気軽にお電話にてお問い合わせください。
TEL:06-6458-3621(非通知電話・IP電話には非応対です)

困り事が発生したときは、自分の知識のみで判断せず、専門家の意見も聞いてください。
ネットで調べる、本で調べるという方法もありますが、ネットは情報や法改正に追いついていないものも多く、またサイトや本に書かれているものはあくまでも一般的なものである事がほとんどで、現実の解決に対応していないものも非常に多いです。困った事があればまずお問い合わせ頂くか、メール又はラインにてご相談ください。
+メッセージでもご相談をお受けしております(ご希望の方はその旨ご連絡ください。連絡先をお教え致します)。
TEL:06-6458-3621(非通知電話・IP電話には非応対です)           <最寄駅>
E-mail:ha@mbk.nifty.com JR「大阪駅」うめきた地下口より徒歩4分
LINE:https://lin.ee/lLJe0PM 公式アカウントID:@lfu1012w JR「大阪駅」より徒歩6分
〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島6-11-13 JR環状線「福島駅」より徒歩6分
シャトー西梅田 JR東西線「新福島駅」より徒歩8分
業務時間:10:00~19:00 阪神電鉄「福島駅」より徒歩8分
(ご予約頂いた場合22:00までお受けすることもあります) 京阪電鉄「中之島駅」より徒歩12分
定休日:日曜日・祝祭日・当事務所の定めた日(夏期・冬期など) 登録番号 T8810034689486
(ご予約頂いた場合、休日業務をお受けすることもあります)
無料相談は、メールおよびLINEでお受けしております。お気軽にご利用ください。詳細はこちらをご確認ください→無料相談
実名の方は3回まで応対致します。匿名の方は1回応対致します。都道府県名はご記載ください。
無料相談のみで問題解決できることは少ないですが、問題解決のきっかけになることは多いです。きっかけが掴めればスムーズに問題解決できることが多いのです。

<各専門家との連携>
各専門家によりできる業務が決まっております。行政書士、司法書士、弁護士、社労士、税理士ではそれぞれ専門とする分野も違います。当事務所は、多数の各専門家と連携しております。また、必要に応じて弁護士をご紹介致します。
また、興信所・探偵のご紹介も致します。興信所・探偵は実力や依頼費用に大きな差があるため、紹介(できれば士業を介して)で依頼するのが原則です。
たいていの事は、当事務所にご相談、ご依頼いただければ解決できます。

行政書士は、裁判所で争わない問題解決を目指しています。「予防法務」の専門家です。問題解決は、感情の行き違いはありますが争わなくてもできます。その方が長い目で見るとのちのちわだかまりが融けることもあります。
もし、どうしても争いになってしまったときは弁護士のご紹介も可能ですが、できる限り禍根を残さない方法で問題解決を考えましょう。

■人捜し・行方のわからない人への連絡

当事務所は、書面作成だけでなく、ご相談の内容や、ご相談者・ご依頼者のお気持ちを大切にしております。
<過去に関係のあった人への連絡>
昔は友人だった、仲間だった、という人でも時間の経過とともに連絡が少なくなりついには途絶えてしまった。そういう経験は誰にもあるかと思います。もう一度連絡をとりたい。でもどこにいるのか分からない。昔の住所なら知っているけれど、今、どこにいるのか分からない。そういう事もあるかと思います。
昔の住所が分かっているのであれば、それをたどって手紙を出せるかもしれません。懐かしさや昔のように親しくなりたいという気持ちは不思議なものではありません。
昔なじみに手紙を出したい、連絡を取りたいという方はご相談ください。

-----

<お金を貸した人がいなくなってしまった>
友人知人にお金を貸していたが、催促をしているうちに連絡が取れなくなり、会いに行ったら引っ越ししていて誰もいなかった。そういう事は意外に多いものです。引っ越し前の住所は分かっているけれど今の住所が分からない。そういう場合でも、引っ越し前の住所から現在の住所が分かる場合があります。そして、現在の住所に請求書や内容証明を送るという事ができます。お金を返してもらいたい、お金を取り戻したいという方はご相談ください。

-----

<相続人が分からない>
親が亡くなった。相続人を確定しないと相続ができない。しかし、親は離婚歴があり、自分の知らない兄弟姉妹がいる可能性がある。父に不倫相手がおり子供がいる事は分かっているが、どういう子供か分からない。また一人ではなく数人いるようだ。
相続時に意外によくある事です。相続人を確定するために相続関係図を作成する必要があるが、どうやって相続人を調べれば良いのか分からないので相続関係図を作成できない。相続関係図を作成したいという方はご相談ください。

-----

<子供が行方不明になってしまった>
子供に恋人ができ、結婚したいと言われたが、急な話で相手も誰なのか分からなかったため反対してしまったら、恋人と駆け落ちして行方不明になってしまった。これも意外なほど多いです。ご自分の子供ですからご自分で子供の戸籍の附票を取り寄せるなどして現住所を知り、話し合いたい旨の手紙を出す事もできます。でも、やり方が分からない。分かってもどんな手紙を書けば話し合いに応じてくれるか分からない。そういう事も多いです。
とにかく子供に連絡を取り、きちんと話し合いたい。そういう手紙を送りたいという方はご相談ください。


上記は一例です。他にも相手に連絡を取りたい、会いたいという気持ちはあるがどうすれば良いか分からないというご相談は多いです。
そういう場合はまずご相談ください。最善の方法を考えます。
(ただし、正当な理由がある場合に限ります。違法なご依頼はお受けできません。)

TOPに戻る


Copyright(C)行政書士橋詰事務所All rights reserved