TOPに戻る
スマホでご覧のときは、画面を横向きにすると見やすいです。

相談しやすい事務所です。お気軽にご連絡ください。
お問い合わせ、ご質問などはお気軽にお電話にてお問い合わせください。
TEL:06-6458-3621(非通知電話・IP電話には非応対です)

困り事が発生したときは、自分の知識のみで判断せず、専門家の意見も聞いてください。
ネットで調べる、本で調べるという方法もありますが、ネットは情報や法改正に追いついていないものも多く、またサイトや本に書かれているものはあくまでも一般的なものである事がほとんどで、現実の解決に対応していないものも非常に多いです。困った事があればまずお問い合わせ頂くか、メール又はラインにてご相談ください。
+メッセージでもご相談をお受けしております(ご希望の方はその旨ご連絡ください。連絡先をお教え致します)。
TEL:06-6458-3621(非通知電話・IP電話には非応対です)           <最寄駅>
E-mail:ha@mbk.nifty.com JR「大阪駅」うめきた地下口より徒歩4分
LINE:https://lin.ee/lLJe0PM 公式アカウントID:@lfu1012w JR「大阪駅」より徒歩6分
〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島6-11-13 JR環状線「福島駅」より徒歩6分
シャトー西梅田 JR東西線「新福島駅」より徒歩8分
業務時間:10:00~19:00 阪神電鉄「福島駅」より徒歩8分
(ご予約頂いた場合22:00までお受けすることもあります) 京阪電鉄「中之島駅」より徒歩12分
定休日:日曜日・祝祭日・当事務所の定めた日(夏期・冬期など) 登録番号 T8810034689486
(ご予約頂いた場合、休日業務をお受けすることもあります)
無料相談は、メールおよびLINEでお受けしております。お気軽にご利用ください。詳細はこちらをご確認ください→無料相談
実名の方は3回まで応対致します。匿名の方は1回応対致します。都道府県名はご記載ください。
無料相談のみで問題解決できることは少ないですが、問題解決のきっかけになることは多いです。きっかけが掴めればスムーズに問題解決できることが多いのです。

<各専門家との連携>
各専門家によりできる業務が決まっております。行政書士、司法書士、弁護士、社労士、税理士ではそれぞれ専門とする分野も違います。当事務所は、多数の各専門家と連携しております。また、必要に応じて弁護士をご紹介致します。
また、興信所・探偵のご紹介も致します。興信所・探偵は実力や依頼費用に大きな差があるため、紹介(できれば士業を介して)で依頼するのが原則です。
たいていの事は、当事務所にご相談、ご依頼いただければ解決できます。

行政書士は、裁判所で争わない問題解決を目指しています。「予防法務」の専門家です。問題解決は、感情の行き違いはありますが争わなくてもできます。その方が長い目で見るとのちのちわだかまりが融けることもあります。
もし、どうしても争いになってしまったときは弁護士のご紹介も可能ですが、できる限り禍根を残さない方法で問題解決を考えましょう。

■女性用風俗(女風)トラブル

当事務所は、書面作成だけでなく、ご相談の内容や、ご相談者・ご依頼者のお気持ちを大切にしております。
<女性用風俗(女風)>
数年前から女性用風俗いわゆる女風(じょふう)が増えています。
当初は東京で数店舗しかなかったものが、現在日本全国で300店舗を超えると言われています。届け出をせずに営業をしている店舗もあり、実数はもっとあると思われます。店舗といっても事務所であり無店舗型がほとんどでセラピストが派遣される形態です。
1回の利用時間は120分が平均的で金額は15,000円から20,000円くらいが相場です。そこに、指名料、ホテルを利用する場合はホテル代、セラピストの交通費・食費代等がかかり、合計で25,000円から30,000円ほどになります。延長を希望する場合は30分ごとに追加料金が発生するシステムが多いです。またお泊まりコースなどのオプションもあります。
なお、予約後にキャンセルした場合はキャンセル料がかかることがほとんどです。
基本的に男性がセラピストで女性が利用者という形態ですが、同性愛向けに女性のセラピストもいます。

-----

<女性用風俗(女風)のトラブル>
現在、利用者とセラピストとの間でのトラブルが急増しています。
下記のようなものが多いです。
1.利用者がプライベートで会う事を求めてくる。
2.利用者がセラピーを不同意わいせつや不同意性交だとして訴える。
3.利用者が自分の思い通りにならないとセラピストを攻撃してくる。
4.利用者がセラピストを尾行する。
5.利用者がセラピストを待ち伏せする。
6.利用者がストーカーになる。

女性用風俗(女風)の利用者は、男性用風俗の利用者と比べ、精神的満足を得たいという利用者が多い傾向があります。
利用者は「大切にして欲しい」という気持ち、コンプレックスの解消、自分自身の解放、疑似恋愛、「女」としての自分、を求めている事が多く、そこにセラピストとが合ってしまうと利用者がセラピストにはまってしまう事があります。
ですので、セラピストとしては下記のような自己防衛が必要です。
1.本番行為(違法)はしない。
2.「好き」と言わない。
3.抱きしめる時に強く抱きしめない。
4.LINE等で直接やり取りをする時は「1日1回」にする。
5.手を握る時のタイミングに気をつける。強く握ると好きになられる事がある。
6.「好き」になられないよう配慮する。
7.「一緒に住みたい」などの言葉が出てきたら要注意。
8.実名は教えない。
9.別れ際に尾行されないよう気を配る。
10.利用者との距離感を保つ。
11.利用者にあくまでも「疑似恋愛」である事を意識させる。

解決が難しいと思われたら、まずご相談ください。

-----

<女性用風俗(女風)トラブルの解決>
通常の恋愛とは違い、疑似恋愛である事やお金を介している事などから解決が難しくなる事もあります。トラブルの傾向として多いのは「恋愛」についてのものです。それも利用者がセラピストを好きになってしまったものから発生するものが圧倒的に多いです。
当事務所でも、ご相談がもっとも多いのは上記
<女性用風俗(女風)トラブル>で記載した「4.利用者がセラピストを尾行する」「5.利用者がセラピストを待ち伏せする」「6.利用者がストーカーになる」というものです。
特に、利用者がセラピストにはまってしまいストーカーになると非常にやっかいです。女風のトラブルは急増していますが、当事務所ではストーカー問題やデートDV問題とも総合的に合わせて解決しています。

お困りの方はご相談ください。

TOPに戻る


Copyright(C)行政書士橋詰事務所All rights reserved