TOPに戻る
スマホでご覧のときは、画面を横向きにすると見やすいです。

相談しやすい事務所です。お気軽にご連絡ください。
お問い合わせ、ご質問などはお気軽にお電話にてお問い合わせください。
06-6458-3621

困り事が発生したときは、自分の知識のみで判断せず、専門家の意見も聞いてください。
ネットで調べる、本で調べるという方法もありますが、ネットは情報や法改正に追いついていないものも多く、またサイトや本に書かれているものはあくまでも一般的なものである事がほとんどで、現実の解決に対応していないものも非常に多いです。困った事があればまずお問い合わせ頂くか、メール又はラインにてご相談ください。
+メッセージでもご相談をお受けしております(ご希望の方はその旨ご連絡ください。連絡先をお教え致します)。
TEL:06-6458-3621(非通知電話・IP電話には非応対です)           <最寄駅>
E-mail:ha@mbk.nifty.com JR「大阪駅」うめきた地下口より徒歩4分
LINE:https://lin.ee/lLJe0PM 公式アカウントID:@lfu1012w JR「大阪駅」より徒歩6分
〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島6-11-13 JR環状線「福島駅」より徒歩6分
シャトー西梅田 JR東西線「新福島駅」より徒歩8分
業務時間:10:00~19:00 阪神電鉄「福島駅」より徒歩8分
(ご予約頂いた場合22:00までお受けすることもあります) 京阪電鉄「中之島駅」より徒歩12分
定休日:日曜日・祝祭日・当事務所の定めた日(夏期・冬期など) 登録番号 T8810034689486
(ご予約頂いた場合、休日業務をお受けすることもあります)
無料相談は、メールおよびLINEでお受けしております。お気軽にご利用ください。詳細はこちらをご確認ください→無料相談
実名の方は3回まで応対致します。匿名の方は1回応対致します。都道府県名はご記載ください。
無料相談のみで問題解決できることは少ないですが、問題解決のきっかけになることは多いです。きっかけが掴めればスムーズに問題解決できることが多いのです。

<各専門家との連携>
各専門家によりできる業務が決まっております。行政書士、司法書士、弁護士、社労士、税理士ではそれぞれ専門とする分野も違います。当事務所は、多数の各専門家と連携しております。また、必要に応じて弁護士をご紹介致します。
また、興信所・探偵のご紹介も致します。興信所・探偵は実力や依頼費用に大きな差があるため、紹介(できれば士業を介して)で依頼するのが原則です。
たいていの事は、当事務所にご相談、ご依頼いただければ解決できます。

行政書士は、裁判所で争わない問題解決を目指しています。「予防法務」の専門家です。問題解決は、感情の行き違いはありますが争わなくてもできます。その方が長い目で見るとのちのちわだかまりが融けることもあります。
もし、どうしても争いになってしまったときは弁護士のご紹介も可能ですが、できる限り禍根を残さない方法で問題解決を考えましょう。

■退職代行

当事務所は、書面作成だけでなく、ご相談の内容や、ご相談者・ご依頼者のお気持ちを大切にしております。
<退職>
退職とは、一般的には「自己都合退職」を指します(会社都合退職は一般的に「解雇」です)。
就職した会社がいわゆるブラック企業だった場合、一刻も早く辞めたい、逃げたいと思う人も多いと思います。
ただ、そういう企業はなかなか退職を許してくれなかったり、ひどい時には「お前のせいで会社に損害が出ている。損害賠償してから辞めろ!」と半ば脅される事もあります。
しかし、従業員(労働者)は民法や労働基準法をはじめ、色々な労働関係法に守られています。
もし(もう限界)(頼むから辞めさせて辞めされてくれ!)とまで心が追い詰められているのであれば、会社にいる必要はありません。辞めればいいのです。しかし、辞める勇気を持てない人や自分一人では辞める勇気が無い、という人も多いです。
そのような方は、自分一人で悩まず退職代行を利用する事も一つの方法です。
退職代行にも色々な専門家や方法があります。かかる費用も違います。参考になるものを記載しておりますのでご覧ください。

法的なご相談ではなく、人生相談のようなご相談をお受けする事があります。
当事務所の業務経験等から、できる限りのアドバイスをしております。
また「話をしたい」「話を聞いて欲しい」という方も、お気軽にご連絡ください。

-----

<当事務所の退職代行サービス>
当事務所は国家資格を持っている行政書士事務所ですので、民間の退職代行サービス業者よりもできる事の範囲が広いです。
当事務所に退職代行サービスを依頼したい場合、電話、メール、LINEでご連絡ください。
できる限り迅速に対応致します。
まず、現状をご相談頂き、ご自身のお気持ちをおっしゃってください。ご相談者、ご依頼者のご希望をできる限りかなえられるよう尽力致します。

会社に対する書面作成も行政書士であれば可能です。退職についての書類は権利義務又は事実証明に関する書類ですので行政書士以外は弁護士しか作成する事ができません。作成する書類についての相談も行政書士と弁護士しかできません。
非弁護士行為や非行政書士行為にならないよう、依頼には重々お気を付けください。国家資格のない一般企業は基本的に何もしてはいけない場合がほとんどです。それを分かっていながら依頼すると犯罪の共犯になります。
特に口頭での会社とのやりとりは「交渉」となり、非弁護士行為に該当する可能性が高いです。弁護士に依頼すると費用が格段に高くなるのは弁護士業務が入ってくる場合です。


法的なご相談ではなく、人生相談のようなご相談をお受けする事があります。
当事務所の業務経験等から、できる限りのアドバイスをしております。
また「話をしたい」「話を聞いて欲しい」という方も、お気軽にご連絡ください。ご相談だけでもお受け致します。


当事務所が退職代行サービスのご依頼をお受けする時の費用(消費税を含みます)。
正社員・正規雇用社員などの場合2万円
アルバイト・パート・非正規雇用社員などの場合・・・1万円
ご相談のみで終わった場合、相談費用10分までごとに1100円

-----

<退職代行サービス全般のメリット>
退職代行サービス全般に言える事ですが、利用する一番のメリットは本人が嫌な思いをせずに退職できる事です。
ブラック企業は色々と理由を付けてなかなか退職させてくれませんが、退職代行サービスを利用するとそれらの問題も解決できます。
自分だけでは退職する自信がない、会社に退職を言い出すのが怖い、という方は退職代行サービスをご利用ください。
会社からの嫌がらせや高圧的態度を自分で受ける事なく退職できます。

-----

<雇用契約について>
雇用契約には、期間の定めのない雇用契約と期間の定めのある雇用契約に分けられます。
民法第626条、第627条、第628条、労働契約法第17条、労働基準法第137条などに規定規定されています。
期間の定めのない雇用契約と期間の定めのある雇用契約では、契約の解約や解除の条件が異なりますのでお気を付けください。

TOPに戻る


Copyright(C)行政書士橋詰事務所All rights reserved